日記・コラム・つぶやき

2017年9月23日 (土)

「ご縁」

「ご縁」

日本で約1億3千万人

世界で約70億人

すさまじい数の人が生きている

僕たちのこの狭いエリア、人生で出会う人は

ほんの少しだ

数々の偶然が重なり

人との出会いがあり

そしておつきあいができる

出会った人たちの中から

長年のお付き合いに発展する人もいれば

1回きりになる人もいる

いつも心に置いていることは

たまたまが、いくつも重なり合って

ご縁ができる

このご縁を大切に!という気持ちだ

人とのご縁を大切にしない人は

人を大切にしない

自分の人生を大切にしない

ということにつながると思う

たとえ嫌な人との出会いがあったとしても

自分に必要な出会いであるととらえ

意味を考える

人とのつながりを大切にできる人は

きっと人に恵まれた豊かな人生になるだろう

ご縁を軽く見ないこと

一期一会である

2017年9月21日 (木)

「考え方で人生が変わる」

「考え方で人生が変わる」

人生いろいろな出来事が起きる

その時に「いいこと」ととらえるのか「悪いこと」

ととらえるのかということである

ケガをしたとき

病気になった時

どうして自分だけ・・・

と「悪いこと」としてとらえる習慣ができてしまうのが

ネガティブ思考だろう

怒られても

自分のために言ってくれている

神様ができていないことを改善せよと

メッセージをくれたと「いいこと」ととらえるのか

また

この先輩の怒り方は勉強になる

「あんな怒り方では後輩は聞かないから

私ならこうするな笑」

というのも含めて

ポジティブ思考だろう

人生をネガティブに考えると

自分が不幸のどん底にいて

抜け出せないスパイラルを一生居続けるような

イメージを持つ

そこから鬱になったりも始まるのだ

楽観的思考でいこうといいたいわけではない

自分の日ごろからの考え方が

癖になり

人生が変わることになることを伝えたい

いい方向に導くのは他人でなく

自分の考え方次第なのだ

2017年9月16日 (土)

「言葉の重み」

「言葉の重み」

先日書いたブログの続編ですが

ある会社の社長との会食で

「~しなくてもいい」という表現と

「~する必要がない」では違うのだ

とご指摘を受けたそうです

その方は自分の一言で

会社のイメージが変わったり

良い方向にも悪い方向にも流れていくことを

強く意識されていて

ちょっとした表現の違いで

大変なことになることを痛感されているので

そのようなご指摘をされたのだろう

確かにプロスポーツ選手のインタビューを聞いていて

イチローは言葉の1つ1つに重みがあり

自分の発した言葉で

どんな影響があるのかを分かって

丁寧に言葉を選びながら

言葉を発している

自分の言葉が将来ある若い年代の

お手本になることも考えて発言しているのだ

僕たち凡人は

自分の一言でミスがあっても

「ごめん、言い過ぎた、失言だった」

で済むかもしれない

でも社長や、トップに立てば

自分の発した言葉に重みを感じながら

どんな影響があるのかを

考えて言葉を選ばなくてはいけないということを学んだ

同じ意味に感じることも

とらえようによっては大きく意味が変わってくることを

頭に置き、発言しなければという思いになった

2017年9月14日 (木)

「年上の人」

「年上の人」

僕と仲良くさせていただいている方と

いろいろお話させていただく機会があった

その中で

年上の人とのおつきあいについて

の考え方を聞いた

僕の中では

人生経験や知識、教養がたくさんお持ちの

年上の方とのおつきあいは勉強になるという認識ぐらいだったが

その方の表現は

「年上の人とのおつきあいは

自分の人生の成長スピードが加速する」

という表現をされていた

確かに

同年代の人とのおつきあいでも成長するが

年上の人から学ぶことを考えたら

それは比ではないかもしれないと思った

人と接することで勉強になる

さらに年上の方とのおつきあいで

成長スピードを上げる

わかりやすい表現の

いいお言葉をいただき勉強になった

早く成長したければ

年上の人と接することを増やせばいいだろう

2017年9月 1日 (金)

「川越して宿を取れ」

「川越して宿を取れ」

困難な仕事は後まわしにせず

先に片づけておけということ

先のことを考えて対策を講じておけという意味もある

昔は大雨が降ると大きな川は渡れなくなって、

何日も足どめされることもあったことから

今日やらなければ明日できない状況が起こることもある

今日はしんどいから

面倒くさいからと

先回しにして

それが自分の首を絞めることになり

信頼を失うことになる

後でしんどくなる

というだけならまだいいが

取り返しのつかない大きなことに

発展していく可能性もあるのだ

今日のことは今日やって明日を迎える

癖をつけよう

それができない人は

自分に甘い人である

どんなことをしても

自分に甘い人は成功できない

先を見越した行動こそ

必要なのです

2017年8月31日 (木)

「成功する働き方」

「成功する働き方」

人を動かすの作者D.カーネギーは

働くことで成功したいなら

この要素を、最重要と考えよと、伝えている

それは技術力をつける要素はたったの15%に対し

人間関係を円滑にする要素が85%と言っているのだ

スタッフやお客様に対し

人の感情をコントロールしたり

いい気分にさせたり

落ち込んでいるときに元気にさせたり

やる気にさせたり

怒っている人をなだめたり

人と人のつながりを取り持ったり

そんなことに85%重要なことが詰まっている

という意識をそこにそそぐことが

成功する働き方だと説いている

たしかに

職場での悩み事は

ほとんど人のことである

そこを中心とした仕事だと心得れば

いいのだ

技術だけ磨いても

仕事では成功できないのだ

85%は感情コントロールであることを

肝に銘じて

働けば必ず

いい結果が出て

楽しく働けるだろう

2017年8月30日 (水)

「調子の悪い時(よく怒られ、結果の出ない時)」

「調子の悪い時(よく怒られ、結果の出ない時)」

調子が悪いときは誰にでもある

そんな時、その人の本当の姿が出る

本当の実力が出る、本質が露呈する

例えば、よく怒られ、結果の出ない時、落ち込みます

でも、そこで、私は大丈夫という虚勢を張らなきゃいけない

明るく振舞い、演じないといけない

仕事では周りに、弱い姿を人に見せないということが大事

失敗の原因を考え、改善し進んでいくしかない

実際、それができない人は多い

先輩の教え方が悪い

店がよくない

あの人はひいきされている、私は運がなかった

そうして誰かのせいにして投げやりになっていく

落ち込む

怒られたり

失敗して

声小さくなったり

控えめの行動になるな

アウトになっても

負けても

下を向かないプレーヤーが

一流になっていく人なのだ

2017年8月28日 (月)

「人と同じことをしない」

「人と同じことをしない」

人間は人と同じ考えを持ったり

人と同じことをすることで安心感を得る

そして賛同してもらえることで

自信をもって前に進める

これは組織や、人と人との間で生きる

我々は当然の意識だろう

この考えと

嫌われたくないから人と同じことをする

みんながやっているからやる

ということをごっちゃにしないことだ

最近は礼儀1つでもできていない人が多い

挨拶、返事がきちんと

目を見て笑顔で大きな声でできていない人が多い

人から何かしてもらっても

お礼の言葉1つも言えない

義理人情の精神で

自分がしてもらったことは

何かできることで返そうという

感謝の気持ちを持っている人が少ない

携帯電話の使い方

言葉遣い

マナーを知らない人が多い

そんな時代だから

みんなができていないことをできれば

頭1つ抜けれるのだ

みんながしていることを

同じようにするのではなく

みんながしていない、できていないことを

自分はやるのだ

だから褒められる

だから上に立てるのだ

人と同じことをすることも、大切なこともある

でも人と同じことをしていても

勝てないことを頭において生きていくことが大切だ

2017年8月19日 (土)

「スピード」

「スピード」

お客様を担当させていただくとき

お客様のお時間を軽く考えないことが大切だ

適正時間で仕事をする

お客様は大体の終了時間は見積もって

ご来店される方が多いと思う

その時間を意識した美容師にならなくてはいけない

お客様の施術終了時間を必ず守る

いつも同じタイムで仕事をする

一度に2つの仕事ができるようにする

空き時間、隙間時間の有効活用

タイマーを入れた時間管理

スタッフ同士の時間の共有

それができれば

いい仕事ができ

スピードがあって丁寧

そう思われる美容師になれる

仕事を離れ、どんな時も時間は有限で

無駄にできないという意識がそれを作る

日ごろからそんな思いを持って

行動する人は

何事にもスピードを感じる

早め、早めに行動する

遅くて怒られることはあっても

早すぎて怒られることは少ないだろう

スピードを意識した生活にシフトし

仕事にスピードがある

美容師になろう

2017年8月17日 (木)

「お盆休みのあと」

「お盆休みのあと」

ベイビーステップは16日まで

お盆休みをいただき

17日から営業させていただいている

地方から来たスタッフは

田舎に帰り

お土産を買ってきてくれる気配りをしてくれる

それがランダムに机の上に置いてある

誰からもらったお土産かわからないこともある

でもそれを察して

チーフが

誰からのお土産かわかるように

写真を撮り

一人一人にお土産を配分して袋に入れてくれた

お盆休み後に

すぐに気配りをしてくれた

どんな思いでお土産を買ってきたのか

それを察してくれる

チーフはさすがだなと思った

こういうことに気づき

面倒がらず

言われなくても行動してくれる人だから

チーフになり

人の面倒を見れるのだろうな・・・

と、

感じる出来事だった

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

fullcount11