« 「人間関係を深めるために」 | トップページ | 「広島カープの強さ」 »

2019年1月30日 (水)

「目は口ほどに物を言う」

「目は口ほどに物を言う」

いろいろな人と話したり

ミーティングで話をするときなど

相手の目を見れば

腑に落ちているのか

納得していないのか

不満に思っているのか

すぐにわかる

人間、素直さを失ったり

自分が少しでも悪いかも・・・

という謙虚な気持ちがない時には

指摘したり

注意するときに目に表れる

今まで

辞めていったスタッフと

最後の話をするとき

たいていこちらの話を聞いているときの目は

反抗的だ

にらみつけるような視線だ

美容師という仕事は

自分が技術を身につけ

お客様ができると

傲慢になりやすい

自信をつけるということは素晴らしいが

自分一人で成長してきたとか

自分だけが報われていない

損をしているという

考え方になった時

謙虚さを失い、傲慢な目つきになる

僕は自分が少しでも悪い。と感じた時には

頭を下げれるような

人になってもらいたいと思っている

自分がそれをできているのかというと

できていない時もあると思う

でも一人の力で俺は成長したとか

謙虚さは失わないように心掛けている

ましてや

反抗的な目をするような

そんな態度はとりたくない

支えられて生きている

みんながいるから生かされている

生きていることの幸せを、常に感じる

感謝の気持ちをもって生きていきたいものだ

自分では気づきていないかもしれないが

みんなはわかってる

心が目に表れることでそう感じるものだ

感謝の気持ちをもって、素直に

悪い点は直して成長したいと思える人

そんな人になりたい

そんな人が集まったサロンにしていたい

« 「人間関係を深めるために」 | トップページ | 「広島カープの強さ」 »

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

fullcount11