« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

「日に新た」

「日に新た」

この世にあるすべてのものは

日々進化し

絶えず動き

絶えず変わりつつけていく

古いものは滅び、新しものが次々生まれてくる

ベイビーステップでも

今までやっていたことが古くなったり

うまく機能しなくなったりすれば

昨日までやっていたことを

今日から新しくしたり

やり方を変えたりすることもある

なぜ変えるのか、新しくするのか

将来の繁栄の為である

変わることを面倒がってはいけない

恐れてもいけない

新しくすることで

生き残っていくのだ

2018年8月30日 (木)

「自分は何を与えられるのか」

「自分は何を与えられるのか」

自分の生い立ちや

人生が恵まれていようと、そうでなかろうとも

自分が周りから、どれくらい与えてくれたかと

いうことでもなく

自分が人に与えられるものは何なんだろう?

誰にでもお金もかからず

与えてあげられるものがある

「笑顔」「笑い」だ

楽しませるようなことを言う

という、特別なことではなく

いつも笑っていること

いつも楽しそうにすること

これは周りの人たちが

すごくうれしいことであり

与えてくれるに値する

素晴らしいことだと思う

自分がいつも

笑顔で、楽しそうにしている

これをまず心がけることが

自分が与えることができる

素晴らしいことの1つであるという

意識を持ってほしい

特に私たち美容師は

サービス業のプロである

笑顔で楽しく働いている姿を

お客様に与えることは

必要なのだ

笑顔

楽しく働いている姿を

お客様やスタッフ同士

に与えれる美容師に!

2018年8月29日 (水)

「会社が与える2つの幸せ」

「会社が与える2つの幸せ」

★1つ目の幸せは「働く幸せ」

働ける環境がある、仕事がある、仲間がいる

お客様がベイビーステップに期待して

ご来店くださる

シャンプーから最後の仕上げ迄

そして滞在時間の心地よさ

私たちはお客様に喜んでもらうために

美容師になりました

ところが忙しさ、慣れ

おごり高ぶりから

最初は担当させていただき

感謝だったのが

そうでなくなる

いつもいっていることですが

僕たちの仕事はお客様がいてこそ

存在意義がある

お客様がなければ、なんの価値もないのです

地域の人のヘアを綺麗にし

その人の、人生を輝かせる

そんなお手伝いをして

お客様すべてを笑顔にしてあげる

そんな素晴らしいお仕事を

私たちは、しています

働ける幸せを感じて仕事をすることです

★2つ目の幸せは「経済的な幸せ」

自分たちの生活を支え

より豊かに暮らしていく

お客様に喜んでもらえて初めて

経済的な幸せを得られるのです

決して陥ってはいけない発想に

お金の為に働く

というのを、1番目の目的にしてはいけないということです

「働く幸せ」「経済的な幸せ」

順番を間違わないことです

お金ありきでなく

働く喜びを感じて働くほど

経済的に豊かになれるのです

2018年8月26日 (日)

「ヨシトーヤからの手紙」

「ヨシトーヤからの手紙」

又ヨシ先生が手紙をくださった

今が一番つらくて大変な時かもしれないが

自分を成長させる最大のの時で

何回も、何回も繰り返しと思って

以前のスタッフ以上に

新しいスタッフを育て続けてください

そして人を育てるのを楽しみ(趣味)にしてください

人を育てながら

自分も共に成長してください

そうすればまた

新しい店ができてくると思います

今が経営者として一番いい時なんだよ

というお手紙をいただき

感動で胸が熱くなりました

強い気持ちを持ち続け

今いるメンバー

これからともに働くメンバーを

大切にともに幸せになれる店を作ろうと

再決意致しました

ヨシトーヤ先生いつもありがとうございます

世界の手の届かない先生ですが

こんな僕にいつも優しいお言葉をかけてくださる

いつも優しい、素晴らしい人です

2018年8月19日 (日)

「ヨシ トーヤ」

「ヨシ トーヤ」

僕が26歳で美容師になって24年

24年前にアシスタントで働いていた店が

「ヨシ トーヤ」のカット技法で

カットしていた店だった

コームを持ったまま切る独特の方法で

ドライカットで切るのだ

2日間「ヨシ トーヤ」にカットを直接指導してもらった時

世界のを代表する美容師の「ヨシ トーヤ」から

「カット上手だね」

と、お褒めの言葉をいただき

カットが面白く、自信がついた

今は美容師を引退されて

奥様と世界旅行を楽しんでおられる

「ヨシ トーヤ」を尊敬する美容師は

日本でも多数いる

僕がその一人だ

15年ほど前にスタッフがまとめて5人辞めた時

「ヨシ トーヤ」に手紙を書いた

「先生、スタッフが5人まとめてやめて

困っていて、もう人を雇うのをやめようかと思っています」と・・・

「ヨシ トーヤ」はすぐに返事を下さった

「美容師というお仕事はお客様を綺麗にするだけでなく

後輩たちを育成し続けなければいけない」

「でも育てて1人前になると独立

お店が、気にいらないと、すぐ退社していく」

「その連続に耐えていくのも美容師、経営者の宿命

僕も同じだ!がんばっていきなさい」と、メッセージをくださった

世界の「ヨシ トーヤ」でも同じ悩みを持ちながら

頑張っておられるのだな!

と、元気をいただいた。

今も世界旅行中に僕のような下っ端に

旅先からわざわざお手紙をくださる

そのお手紙を拝見するたび

あの頃を思い出し

頑張っていかなくてはいけない!

と、思う。

今も頂いたハガキをデスクの見えるところにおいて

いつも励まされている。

いつも気にかけてくださって

本当にありがとうございます

2018年8月17日 (金)

「母性 父性」

「母性 父性」

みなさんが「母性 父性」という言葉の意味を

知っていると見越し、お話を書きたいと思います

昨日全員ミーテイングで「母性 父性」の話をした

僕は現代の世の中が

母性が強すぎて、いつまでも母性から抜けられず

親が子供が守りすぎ、何でもやりすぎる。

権利を主張すれば我慢もしなくてもいい

自分で判断できない

弱い人間を作っている部分もあるのではないかと思う

本来、学校の先生の指導や、厳しいクラブ、強い父の教育などで

社会に出るルール

縦社会

人間関係の作り方

善悪

人と良好な関係を作るヒント

自分一人で社会をたくましく生きていくような

勉強がなされていた時代もあった

今は学生時代に学べないことも多いので

それを職場で学ばないといけない

でもその職場でいきなりの

父性教育されるから

ついていけず、自信を無くし

辞めていく人たちも多い

それでも1人立ちしていくスタッフを育てるため

僕たちサロンでは

父性教育をすることを前提に

人を育てていくことを

スタッフが理解し

行動しなくてはいけない

父性原理を学べない時代性だからこそ

まだまだ手探りでうまくいかないことも多いが

父性教育を重視したサロンで

あり続けたいと思っている

2018年8月16日 (木)

「信念と謙虚さ」

「信念と謙虚さ」

山口県大島町で

3日間行方不明だった2歳児を発見した尾畠さんは

発見して、祖父から風呂を勧められたが断った。

軽ワゴン車に食料や水、寝袋などの生活用具を積み込み、

助ける相手側に迷惑をかけないのが信条。

「自己完結するのが真のボランティアだ」と言う

活動費は自分の年金から捻出しているそうだ

元々は魚屋さん

捜索中、子供にに気付いてもらえた

「よしくーん」という大声は、店先で鍛えたものだ

ボランティアを本格的に始めたのは、

大分県別府市にあった店を閉めた65歳のころ。

「学歴も何もない自分がここまでやってこられた。社会に恩返しがしたい」

と思ったからなのだ

信念を貫く辛抱強さ

自分に負けない強さ

そして社会に恩返ししたいという

謙虚さ

こんな人が社会に増えたら

素晴らしい日本になるだろう

僕も店のことではいろいろな試練が続いている

しかし自分が20年前に決めた信念を

決してブラさない生き方をしたい

僕も自分が生きてきたのは

スタッフ、お客様、周りの人々、家族のおかげだ

この人たちに恩返ししなくてはいけない

2018年8月15日 (水)

「注意の表現」

「注意の表現」
2018年夏の高校野球で
ある学校の選手が
試合の序盤の方でベンチに帰り際、
球審から“必要以上にガッツポーズはしないように”と結構強めに言われました。
「でも、自然と出てしまうので……」
という注意があったそうです
必要以上のガッツポーズの禁止
という表現で注意するなら
どのあたりまでが必要で
どのあたりを超えたら必要以上なのか
しっかりとわかるように
注意しないのなら
こんな曖昧な注意で
学生が理解できるはずがないと思った
僕たちの指導も
同様
後輩たちにできるだけ具体的で
なぜだめなのか
こうやってほしい
というわかりやすく納得できるものであるのか
自分自身も反省をした出来事だった

2018年8月11日 (土)

「信じる気持ち」

「信じる気持ち」
最近、更新していなかったが
これからは更新を再開したいと思う
人の問題というのは本当に難しい
人の気持ちをコントロールすることなんて
不可能だと思っているから
なかなか思った通リにはいかない
僕は裏切られたことは
人生の中でたくさんある
でも人を裏切ることのない人生を送りたい
そう思っている
裏切って行動した人は
一時的にうまくいくこともあるだろう
でも不義理な生き方は
自分にきっと返ってくる
裏切られたとしても
裏切らない人生を送る
そう思いながら
今日も生きていく

« 2018年5月 | トップページ | 2018年9月 »

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

fullcount11