« 「できるのにやらない」 | トップページ | 「確認」 »

2018年2月10日 (土)

「人の役に立つ」

「人の役に立つ」

褒められることを言うのでしょうか

感謝されることを言うのでしょうか

勿論それが役立っていないというわけではありませんが

それは結果であるのです

僕の考える「人の役に立つ」は

「必要とされること」ではないかと思います

必要とされる人は

どんな人でしょうか?

それは人から必要とされる「能力」を持った人です

誰でもできる

簡単に身に付く能力では

必要とされる人にはなりません

誰もが簡単にできないことをできるように

努力しないといけないのです

美容の仕事では

技術でお客様を喜ばすことはもちろん

自分にしかできない技術を身につけなければいけません

そして接客でも同じことが言えます

技術だけでなく

気配り、声掛け、笑顔、声のトーン、会話

一般の美容師が普通にしている技術、接客をしていても

「人の役に立つ」美容師にはなれません

どんなことでも

人が簡単にできないことを身に着けるのは

大変かもしれません

しかしそれをしなくては

人の役に立つことはできません

邪魔くさがらず、ゆっくりでいいから

1歩づつ人の役に立てる人

の土台を作っていきましょう

人から必要とされる「能力」を持った人になろう

« 「できるのにやらない」 | トップページ | 「確認」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

fullcount11