« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

「成功する働き方」

「成功する働き方」

人を動かすの作者D.カーネギーは

働くことで成功したいなら

この要素を、最重要と考えよと、伝えている

それは技術力をつける要素はたったの15%に対し

人間関係を円滑にする要素が85%と言っているのだ

スタッフやお客様に対し

人の感情をコントロールしたり

いい気分にさせたり

落ち込んでいるときに元気にさせたり

やる気にさせたり

怒っている人をなだめたり

人と人のつながりを取り持ったり

そんなことに85%重要なことが詰まっている

という意識をそこにそそぐことが

成功する働き方だと説いている

たしかに

職場での悩み事は

ほとんど人のことである

そこを中心とした仕事だと心得れば

いいのだ

技術だけ磨いても

仕事では成功できないのだ

85%は感情コントロールであることを

肝に銘じて

働けば必ず

いい結果が出て

楽しく働けるだろう

2017年8月30日 (水)

「調子の悪い時(よく怒られ、結果の出ない時)」

「調子の悪い時(よく怒られ、結果の出ない時)」

調子が悪いときは誰にでもある

そんな時、その人の本当の姿が出る

本当の実力が出る、本質が露呈する

例えば、よく怒られ、結果の出ない時、落ち込みます

でも、そこで、私は大丈夫という虚勢を張らなきゃいけない

明るく振舞い、演じないといけない

仕事では周りに、弱い姿を人に見せないということが大事

失敗の原因を考え、改善し進んでいくしかない

実際、それができない人は多い

先輩の教え方が悪い

店がよくない

あの人はひいきされている、私は運がなかった

そうして誰かのせいにして投げやりになっていく

落ち込む

怒られたり

失敗して

声小さくなったり

控えめの行動になるな

アウトになっても

負けても

下を向かないプレーヤーが

一流になっていく人なのだ

2017年8月28日 (月)

「人と同じことをしない」

「人と同じことをしない」

人間は人と同じ考えを持ったり

人と同じことをすることで安心感を得る

そして賛同してもらえることで

自信をもって前に進める

これは組織や、人と人との間で生きる

我々は当然の意識だろう

この考えと

嫌われたくないから人と同じことをする

みんながやっているからやる

ということをごっちゃにしないことだ

最近は礼儀1つでもできていない人が多い

挨拶、返事がきちんと

目を見て笑顔で大きな声でできていない人が多い

人から何かしてもらっても

お礼の言葉1つも言えない

義理人情の精神で

自分がしてもらったことは

何かできることで返そうという

感謝の気持ちを持っている人が少ない

携帯電話の使い方

言葉遣い

マナーを知らない人が多い

そんな時代だから

みんなができていないことをできれば

頭1つ抜けれるのだ

みんながしていることを

同じようにするのではなく

みんながしていない、できていないことを

自分はやるのだ

だから褒められる

だから上に立てるのだ

人と同じことをすることも、大切なこともある

でも人と同じことをしていても

勝てないことを頭において生きていくことが大切だ

2017年8月19日 (土)

「スピード」

「スピード」

お客様を担当させていただくとき

お客様のお時間を軽く考えないことが大切だ

適正時間で仕事をする

お客様は大体の終了時間は見積もって

ご来店される方が多いと思う

その時間を意識した美容師にならなくてはいけない

お客様の施術終了時間を必ず守る

いつも同じタイムで仕事をする

一度に2つの仕事ができるようにする

空き時間、隙間時間の有効活用

タイマーを入れた時間管理

スタッフ同士の時間の共有

それができれば

いい仕事ができ

スピードがあって丁寧

そう思われる美容師になれる

仕事を離れ、どんな時も時間は有限で

無駄にできないという意識がそれを作る

日ごろからそんな思いを持って

行動する人は

何事にもスピードを感じる

早め、早めに行動する

遅くて怒られることはあっても

早すぎて怒られることは少ないだろう

スピードを意識した生活にシフトし

仕事にスピードがある

美容師になろう

2017年8月17日 (木)

「お盆休みのあと」

「お盆休みのあと」

ベイビーステップは16日まで

お盆休みをいただき

17日から営業させていただいている

地方から来たスタッフは

田舎に帰り

お土産を買ってきてくれる気配りをしてくれる

それがランダムに机の上に置いてある

誰からもらったお土産かわからないこともある

でもそれを察して

チーフが

誰からのお土産かわかるように

写真を撮り

一人一人にお土産を配分して袋に入れてくれた

お盆休み後に

すぐに気配りをしてくれた

どんな思いでお土産を買ってきたのか

それを察してくれる

チーフはさすがだなと思った

こういうことに気づき

面倒がらず

言われなくても行動してくれる人だから

チーフになり

人の面倒を見れるのだろうな・・・

と、

感じる出来事だった

2017年8月 8日 (火)

「お母さんの気配り」

「お母さんの気配り」
エレベーターで10階から1階に降りるとき
ベビーカーの子供とお母さんが乗ってきて
子供が2階をいたずらで押した
その親子は3階で降りたのだが
降り際に僕に
「子供が2階を押してしまい申しわけありません」
と、頭を下げて出て行った
きちんとしたお母さんだなと思った
子供のしたことは親の責任
同じように後輩がしでかしたミスは
先輩の指導不足
そんな気持ちを先輩に持ってもらい
指導にあたり
後輩を育ててほしいもんだなぁ
と感じた出来事だった
 
 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11