« 「ミスした後」 | トップページ | 「お母さんの気配り」 »

2017年7月29日 (土)

「気づいて声をかけれるか」

「気づいて声をかけれるか」

忙しい時、僕が洗濯物を干すときがある

その時、近くまで来たスタッフは

「ありがとうございます」

と僕に声掛けしてくれる

しかしちょっと距離があるとき

気が付いているのに

声をかけないスタッフもいる

面倒なのか・・・

遠いからまあいいかと思うのか・・・

先輩の皆さんは遠くても声をかけてくれる

あたりまえでないということを感じているので

声をかけてくれるのだろう

僕が言いたいのは

僕が上の人だから声をかけするのが当然

という考え方ではない

僕でなくても

先輩が自分のやるべき仕事をやってくださっていることに

気が付けているかどうかである

気が付けていたら

どんなに離れていても一声かけるのは当然だ

「自分がやるべき仕事をやってくださりありがとうございます」

という気持ちを込めて・・・

気が付いていない人は

声掛けができるわけがない

営業中細かい、ところに気づいていかないといけない

僕たち美容師の仕事は

気が付かなければいけないのである

先輩の仕事に気がつけれない人は

お客様の反応やアクションも見逃して

いいスタイリストには到底なれない

それを見ているのである

そして面倒がらず

一声かけれるのか

それができないとスタッフ間で気持ちのいい仕事ができない

そして伝達もできずミスを引き起こす

そんなことにつながってくると

僕は思っている

来週から

「気づいて声をかけれるか」

その意味を分かった

後輩スタッフが

気が付いて声をかけれているのか

見ておこうと思う

« 「ミスした後」 | トップページ | 「お母さんの気配り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

fullcount11