« 「普通は嫌」 | トップページ | 「傾聴」 »

2017年6月10日 (土)

「やらされている感」

「やらされている感」

小学校の時、出された宿題

家に帰って宿題をしますが、自分から望んでする勉強ではなく

「学校から出た宿題だから、仕方なくやっている」という状態です。

宿題が難しいというより、やる気が起きないから、難しく感じます。

やらされていると思っているかぎり、本当にやる気は出てきません。

やらされていると思ったら、自分のプラスにもならず

そこには感謝の気持ちもなく

成果もでません

なぜこの宿題をしないといけないのか

この宿題をすることで自分が学べることは何なのか

大人なのだから考えないといけない

宿題は個人のことですが

組織に属し、仕事となると

1人のやらされている感が、組織全体の士気や

会社全体の利益にもかかわる問題にもつながります

組織の場合

先輩たちに少しでも「やらされている感」があれば

後輩たちもやらされている感の連鎖が始まり

結果はやる前から

ダメなことがわかります

「やらされている感」

そうなってないか

自分のことだけ考えていないか

自分の立場考えてみてください

自分の利益になるかどうかとか

自分が気が乗らないからとか

自分にしかベクトルを向けないとか

もう小学校の宿題気分ではだめなのです

« 「普通は嫌」 | トップページ | 「傾聴」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

fullcount11