« 「いつからか・・・」 | トップページ | 「素直」 »

2017年5月31日 (水)

「先生とコーチ」

「先生とコーチ」

先生とコーチ、どちらも教えてくれる人である

違いはどこにあると思いますか

僕の考えだと

先生は、こちらが何も言わなくても教えてくれる人

コーチは、自分の夢や目標をかなえることを言わないと、教えてくれない人

だと思っています

美容院では技術を教えてもらうとき

先生に習っていませんか?

一流の人は自分がどうなりたいかというビジョンをしっかり持ち

その目標や夢に向かってコーチに

足りない点、もっと上達したい点を

言って聞き出し、コーチから言われなくても練習する

だから言わなければいけないのです、宣言するのです

自分でこんなことを教えてほしいを伝えないと

受け身だとダメなんです

それは先生に習っているのと同じで

みんなと同じことをしているにすぎないのです

同じことをしていても上には上がれない

一流にはなれるわけがない

平凡が関の山なのだ

僕は3年間でカットできるようになりたい

かわいいスタイルを作りたいので

雑誌の切り抜きを100個集めて

それを1か月でウイッグ100台切りますから見てほしいんです

接客がお店で1番いいといわれるために

声と笑顔をいつもできてるかチェックしてください

1日指名のお客様だけで20人切ってみたいんです

どうやって20人切れるか教えてください

リピート100%にするために

何を気を付ければいいですか教えてください

すべてに自分の意思がある

それをサポートしてくれるのがコーチなのだ

一流の人は

自分のなりたい目標を持ち

それを伝えコーチしてもらい

目標をつかむのだ

美容師はプレイングコーチだ

スタイリストでありながら

後輩を育成するコーチでもある

専属でコーチをしているわけではないので

後輩が強い気持ちで

目標や夢、何を教えてほしいか

先輩コーチに歩み寄らなければ何も始まらないのだ

先輩から言われたことだけをしている人

それでは平均しかなれないことを認識しよう

コーチが本気で教えてくれる環境は自分で作るのだ

« 「いつからか・・・」 | トップページ | 「素直」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

fullcount11