« 「思い込み、決めつけ」 | トップページ | 「幻のホームラン」 »

2017年3月 4日 (土)

「問題のとらえ方」

「問題のとらえ方」

自分がやりたいといったわけでもないことで

やってくれと頼まれた役があるとする

例えば、それは人をまとめ段取りするという役だ

しかし簡単ではなく

段取りが不十分で怒られたり

トラブルが起きたり

理不尽のことを言われることだってある

そして。嫌な気分になることがある

そんな時この役を、どうとらえていくのか

どう考えていくのか

1番やってはいけないとらえ方は

「なんで自分だけしんどい役やって怒られるのか?」

「やってられない・・・損した・・・どうして自分ばっかり嫌なことをしなくてはいけないの」

こんな風に問題をとらえてしまうことだ

任せられるということは

あなたならできると思われているのだ

ミスして怒られても

この役に携わらない他の人より

経験を積める

この経験が今後の人生に大きく生きてくるのだ

ただし、嫌々こなすのではなく

何も考えずのするのでなく

頼まれた役は自分の最大の力を出し

本気で取り組むことが

今後生きてくることにつながるのだ

自分にも頼まれたことを

引き受けて怒られた経験はたくさんある

恥をかいたこともある

でも今考えてみると

真剣に取り組み

結果を残せなかったことでも

自分の大きな経験として

いかせることも多く

その役を任せてもらえない人は

怒られることもないし、恥もかかないが

何の経験もなし

プラスになることもない

自分ばっかり損してる・・・・笑

その逆じゃないでしょうか

どうとらえて考えていくのか

問題のとらえ方は非常に大事なことだ

« 「思い込み、決めつけ」 | トップページ | 「幻のホームラン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

fullcount11