« 「通じない」 | トップページ | 「言葉のチカラ」 »

2017年1月21日 (土)

「社会人」

「社会人」

先日9日成人式が終わった

成人式のお客様に聞いてみた

「20歳になったら何がかわりますか?」

「成人して大人になるってことはどういうことでしょうか?」

様々な答えが返ってきた

「変わらない」という意見も多かったが

僕からの成人にたいする希望を述べれば

「親からの脱却」ではないだろうか

何でもかんでも親にしてもらうのが

当たり前の学生時代から

自分でやることを増やしたり

親の言われた通りに生きていくのを

少しずつやめませんか

ということである

勿論、親はリスペクトするものだし

人生の大先輩

親がいうことを聞くのは当然だ

でも親から離れて一人で生きていく勉強が

これから始まるのだ

大学生なら2年後

20歳から働く人は

この4月から

親から離れて自分で考え

自分で行動する練習をしていかないといけない

学生時代の延長のように

親のいう事だけ聞いて生きていくことは

自立できない自分を作っているのと同じだ

特に仕事をして親の立場と同等になるのだ

自分の意見を持たないとダメなのはもちろん

新しい環境を、新しい仕事を始めるのは

親でなく自分なのだ

自分が生きていくために必要だと感じることがあれば

親の意見より、自分の意見を尊重しないとダメだ

逆に親はどうすればいいのか

「親」という漢字は

木の上に立って見ると書く

高い位置から

社会人になる子供を

見守るのだ

手を出しすぎたり

意見を言いすぎるのは

社会に出ていく子供にするべきではない

自分で決めさせないといけないのだ

親の役目は何か?

子供を自立させることではないでしょうか

社会人になっても学生と同じことをしていてはいけない

親は黙ってみておく

子供は不安でも自分で考え行動する

社会人の始まりは

親も子も変わることからスタートだ

« 「通じない」 | トップページ | 「言葉のチカラ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

fullcount11