« 「ええやん、やろう」 | トップページ | 「あたりまえじゃない」 »

2016年9月14日 (水)

「なんで切りたいのか?」

「なんで切りたいのか?」

美容院のカウンセリングで良くあること

お客様

「今日バッサリ切ってください」

美容師

「何センチ切りますか」

「レイヤー入れますか」

「前髪は・・・」

こういう一般的なカウンセリングが多い

悪くはないにしても

お客様の「なんで切りたいのか?」

をつかめていないのに

細かい部分ばかり決めても

お客様はこのスタイリストは自分の気持ちを

分かってくれる。とは、ならないだろう

お客様が今日なぜバッサリ切りたい気持ちになったのか

それを探ることで

色々な提案が広がることにつながるのだ

例えば

美容師

「どうしてバッサリ切りたくなったのですか?」

お客様

「最近いいことないからバッサリ切って

運気が悪い感じを一新したい」

そんな気持ちをお聞きできたら

僕なら

切ることもいいけど

パーマで雰囲気をガラッと変える提案をしたり

カラーで今までやったことのない明るさで

新鮮な新しい気分になってもらうことも

合わせて提案する

「運気が悪い」

という気持ちを聞くから

できるご提案であり

施術中の会話もそれを前向きに変えていく

お話だってできる

それでこの美容師は私の気持ちをわかってくれる

と、なるのではないだろうか

生涯顧客になってもらいたかったら

そのヘアスタイルになぜしたいのか?

それを聞き出すことから始めてほしい

他の美容師とは違う美容師にならないと

指名はもらえない

« 「ええやん、やろう」 | トップページ | 「あたりまえじゃない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

fullcount11