« 「言われるうちが花」 | トップページ | 「悔し涙」 »

2016年9月24日 (土)

「上手くなりたければ、自分から来い」

「上手くなりたければ、自分から来い」

以前コーチングのブログを書いた

アメリカ・・・自分から来なければ教えない

日本・・・・・コーチ側から、手取り足取り指導(お母さん型)

自立を促し

本当のプロを目指していく教育は

アメリカ型だ

どうしてテニスの錦織が世界で通用するプレーヤーになれたのか

原因の1つに15歳からのアメリカでの生活が考えられる

アメリカのコーチングこそ錦織を自立させたのだろう

自分から行かなければ、誰も教えてくれない指導だ

上手くなりたい、世界で戦えるプレーヤーになりたい

という気持ちは強かったが

錦織は小学生の頃

自分を表現するのが苦手だった

しかし、テニスが上手になるためには

上手くいかなければ

「もう1回お願いします」

「教えてください」

と自分からつかみにいかなければ上手になれないことを

錦織は知っていた

恥ずかしくても、怒られても自分から行くのだ

美容師の世界もそうである

店の中で教えてもらい

それだけやっていたり

講習もいかず、他の美容師にも関わらなければ

井の中の蛙である

本当に上手になりたいのなら

言われなくても、講習で学び

凄いといわれる人の何が凄いのかを見て分析し

その人を超える人になるための労力と

手間暇を惜しまないものだ

言われたことだけやっていても

お客様は担当させられない

お客様は自分の貴重な時間とお金を犠牲にしてでも

自分に担当してほしいと、期待してサロンに来てくださる

迎える美容師が

その情熱を超えて

自分の時間や労力、お金を犠牲にして

学び続けないと失礼である

「上手くなれたら、いいな・・・」そんな軽い気持ちで

お客様を担当してはいけない

「なれたら・・・」でなく自分からつかんで「なる」のだ

上手くなりたいのであれば自分から学べ

上手くなりたいのであれば自分から聞きに来い

その情熱が感じられる美容師に

ベイビーステップに来ていただけるお客様を担当させたい

⇓錦織の少年時代の映像是非ご覧ください

https://www.youtube.com/watch?v=cz9lojAK0jo

« 「言われるうちが花」 | トップページ | 「悔し涙」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11