« 「距離感」 | トップページ | 「完了形」 »

2016年4月 7日 (木)

「プロフェッショナル」

「プロフェッショナル」
 
昨日、美容業界で働かれている女性と数名で
一緒にお食事をして、色々なお話を教えて頂いた
その方はスタッフを教育する立場でトップでいらっしゃる
そして、仕事に対するプロ意識がすごく高いことに
感心した
自分を律することや、仕事への想いが
まさにプロフェッショナルなのだ
自分の生活の基盤を、仕事においているので
食事、睡眠、入浴、美容、運動、どれをとっても
仕事の為なのである
高いブランドを身につけるより
食事や睡眠、入浴、運動に至るまで
計算して、きれいで健康な体で、永く働けることに重きを置き
健康的なからだを日常生活から作るのだ
忙しい中ホットヨガもしているし、歩くことも積極的だ
ブランドでなくても、Tシャツ1枚で絵になるような体を作る
太ってから痩せるなどは彼女にとってはあり得ないようで
常に太らない自己管理をしつづけるほうが
太ってから痩せるより楽なんですと言い切るのだ
食事をとるタイミング
食事をとった後の入浴時間に至るまでの
徹底した自己管理は
アスリートと言ってもいいくらいだ
見た目のお肌にもこだわりがあり
プロとしてお客様に近いところで仕事をするために
近くでみて、お肌がきれいと思われるように
お肌を根本からきれいにして
ファンデーションでごまかすのではなく
肌をきれいにしていくのだ
実際の年齢より10歳くらい若く見えるのも
自己管理の徹底ぶりを感じた
それに仕事ぶりがいつも同じでいられるために
たとえば彼氏ができて浮かれている感じや
彼氏と遊んで疲れているところを絶対に感じさせたくないので
次の日の仕事を優先して
彼氏とは遅くまで一緒に居たり
寝不足にならないように
彼氏が遅い時間に家にきたいといっても
それを断ることもあるようだ
それにスローライフを実践している
今やらなければいけないことは今すぐかたずけ
仕事をこなし、ゆったりとした時間を自ら作り出す、工夫をし
何もやらなくてもいい時間を確保する
そこで作った時間を、ゆったりと過ごすことで
心のゆとりが生まれる
超多忙な20代を送ってこられて
時間を自分でコントロールし
スローライフを構築するために
時間の使い方を有効にしていくのだ
きっと彼女は嫌なことを後回しにしたり
空いた時間を無駄に使わないのだろう
だから、休日はゆっくりとした時間を過ごせるのだ
オンの時間ではできることをすべて後回しにせず
面倒臭がらずこなし
オフの時間はゆったり過ごす
食べたいものがあるなら遠くに時間をかけてゆっくりいって
良い時間を過ごす
プロに徹しているから
彼女のファンのお客様も多く
1人あたりの客単価もすごく高い
彼女の生き方は魅力的である
僕には、まねできない部分も沢山あり刺激的だった
僕も、もっとプロフェッショナルにならなければ・・・
という思いになった
彼女と話していて夢中になり
店内のお客様は僕たちだけ・・・・
4時間以上・・・あっという間の時間だった
楽しい時間と共に、刺激的なお話を聞かせて頂き
良い勉強になった
 
 
 
 

« 「距離感」 | トップページ | 「完了形」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

fullcount11