« 「損得」 | トップページ | 「仲間」 »

2016年4月10日 (日)

「見越すこと」

 
「見越すこと」
「見越す」・・・前もって認識すること
新入社員が入社してきて
先輩たちは日々、指導に当たってくれている
営業ベースでの指導はどんな感じだろう
お客様を担当しながら
他のお客様にあたる新入社員を、見ることは大前提だが
きちんと、見越しているのか・・・?
お客様の情報もわからず、指示も勘違いを起こしやすい
新入社員の行動を先読みしたり
お客様が次にどうするのかを新入社員任せにしたり
確認を怠っていないだろうか
次の仕事を見越すことをせずにミスが起きたり
失敗が起きた時
悪いのは先輩だ
仕事を見越してできていなければ
新入社員が悪いのではない
現場にいる先輩が見ていない、見越して指示を出していないからだ
オーナーの立場から厳しい、いい方にはなるが
お客様も新入社員も悪くない
新入社員が色々現場で学んでいるように
先輩も先を見越して行動を起こす勉強が必要だ
新入社員が起こしたミスは先輩が
「私が見こせていなかった。私の責任」
と、思ってほしい
他人任せな先輩が集まっていたり
自分のお客様に集中し
まわりが見えず
先を見越した指示を出せない先輩が多くいると
人が育たないばかりでなく
スタッフは増えていかない
先輩たちは
今日はどれだけのことを見越して
どれだけのことを指示をして
後輩たちを1人でできるように
教育したのか
毎日反省と工夫を繰り返さなければいけない
先輩がバラバラであってもいけない
先輩同志がきちんとコミュニケーションをとる
そんな職場であれば人は育ち
人は増えるだろう
 
 
 
 

« 「損得」 | トップページ | 「仲間」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

fullcount11