« 「なくならないものを大切にする」 | トップページ | 「読み、書き、会話」 »

2016年3月21日 (月)

「柔軟性」

「柔軟性」

「柔軟性」・・・意見の違いや立場の違いを理解できる

それは、自分のルールや、やり方に固執するのではなく、

相手の意見や立場を尊重し理解し、行動すること

今日、フルカウントのスタッフと新しくできたジムの申し込みにいった

僕はもう入会しており

スタッフの入会手続きをまっていた

お客様は店内にゼロ

今はプレオープンで入会の手続きと

マシーンを軽く触って体感できる期間なのだ

待っている間少しマシーン(ベンチプレス)していいですか?

と、聞いたら

「軽くならいいですよ」と、言われ

軽くやっていたら

別のスタッフがきて

「今はベンチプレスはできません」

と、やめてくれと言いに来た

1人は柔軟な対応で先に入会している僕に気を使ってくれた

でも、もう1人のスタッフは

ルールがちがちだ・・・

もちろんルールなので、すぐやめておとなしく待っていた

でも僕の心の中は

「柔軟性のないスタッフだ、あの人には入会しても

かかわらないようにしよう」と、思った

組織や会社はルールが存在する

それを守ることで秩序が保たれる

しかし、何が何でもルールをがちがちに守ることだけしていて

お客様は喜ぶのだろうか?

民間の会社で勤務するものは

その辺の柔軟性がほしいと思う

僕たち美容師もお客様がいなければ

美容師の僕たちの存在意義すらない

どんどんルール外のことをしてもいい、というわけではないが

その人は、心の広さや

お客様を大切に思う事での柔軟性を

もう少し持ってもいいのではないかと感じた

僕は気分を害してジムを後にした

人を察する能力、

何をしてあげたら喜ばれるのか

どんな言い方で言ってあげれば納得するのか

民間のサービス業で勤務する人たちは

学んでいかなければいけないことだと感じた

 

« 「なくならないものを大切にする」 | トップページ | 「読み、書き、会話」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

fullcount11