« 「頼る力」 | トップページ | 「結果は忘れたころに・・」 »

2016年3月 8日 (火)

「うっかり言ってしまっても」

「うっかり言ってしまっても」

言葉は、たくさんの言い回しを知っていた方が

会話がスムーズに

そして人を嫌な気分にさせることも

少なく済むかもしれません

しかし、うっかり言ってしまった言葉は

言葉が人を傷つけるわけではないと思うのです

傷つけるのは

言ってしまった人の心が人を傷つけているのです

「お前みたいに、仕事のできないやつは無能人間だ」

と言われ傷つけたとしたら

その人を馬鹿にする心が

心を傷つけているのです

素の自分を出したり

言葉に引き出しが少ないままだったり

言葉で人を傷つけないか心配して

何も言えないことは、よくない事でしょう

逆に言うと、素の自分を出して言葉を出すから

理解してもらえるのです

そして「うっかり言ってしまっても」

心をしっかり磨いて

相手が、その人の人間性が分かっていれば

自分のために言ってくれたのだ

と、傷つくこともないのではないかと思います

若くて言葉に引き出しが少なくても

心をしっかり磨いている人は

傷つけたり

誤解を受けることは少ないでしょう

何を言っても大丈夫なのです

心をいつも磨いている人は

本当に魅力的です

僕もそんな人になりたい

« 「頼る力」 | トップページ | 「結果は忘れたころに・・」 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

fullcount11