« 「気がつく、責任感」 | トップページ | 「しまった・・と、思えるか」 »

2016年1月 8日 (金)

「愛想がいい」

「愛想がいい」

昨日のブログに引き続き

なぜ、愛想のいい人と、悪い人がいるのでしょうか?

愛想いいほうが明るくて、かわいがられて

どう考えてもいいことばかりなのに

愛想よくしないのはなぜ・・・?

1つの理由には

人見知り、恥ずかしがり屋、あがり症などの理由から、

自分は内向的な人間なのだと思い込んでしまっているのです

いわゆる「決めつけ」です

「自分の性格はこうだ」と固定するから

何も変わらない

また、愛想いい人が、ひいきされているのを見て

ねたんだり、すねたりして

自分は「愛想よくして、かわいがられなくてもいいもん」

と、意固地になっているパターンもあります

フルカウントでは人間関係を円滑にすることが

人の成長だと説いています

サービス業で働く以上、愛想よくなければ

働いてはいけないのです

笑顔でお客様を迎える

仕事中は忙しくても笑顔を絶やさない

気に入らないことがあってもプロとして笑顔で仕事する

挨拶、返事、会話は笑顔で

当たり前ですよね

お金をもらって働いているのに・・・

愛想悪い人は、接客業をやめたほうがいい

自分ではできていると思って、勘違いしている人はもっと、たちが悪い

お客様がご来店されて

「いらっしゃいませ」これは当たり前ですよね

その後に「今日は天気いいですよね」

「寒いところご来店ありがとうございます」

こんな一言、言えませんか・・・?

だから愛想悪いと思われるのです

挨拶だけのように

みんなと同じことをしていたら、幸せにはなれません

こんなちょっとした一言は

店以外でも、外で誰かとお会いした時でも

同じです

みんなでどこかに行ったとき

何かを一緒にしているとき

ご飯を食べに行ったとき

自分から話をしていますか?

話を振られた時だけ答えるだけだから

愛想悪いと思われるのです

面白いことを話しなさいといっているわけではありません

自分はそれができないと決めつけたり

それが面倒だと思うことを

やめてもらいたい

それができないのなら

すべて1人でやりましょう

と、言いたい

自分中心

自分が楽したい

思うままでは、いけないのです

「愛想」という漢字を見てください

愛(思いやり)を持って、相手の心を思う(考え行動する)

だから愛される人になるのです

逆に、愛想の悪い人は愛されないということです

いつも相手のことを想い

思いやりの気持ちがあるから

愛想のいい人になるのです

自分が愛想いいと思って

5段階評価自分に5あげられる人になれとは言いません

最低でも3をとれる人になってください

自己評価がわからなければ

近い人に自分が愛想いいか聞いてみてください

サービス精神を持たなければ愛想よくなれません

美容師ならリピートや、指名率が伸びない人は

たいてい愛想悪い人です

乱暴な言い方になるかもしれませんが

技術だけでなく愛想いい人に

お客様はつくのです

昨日のブログの「気が付く人」

そして「愛想のいい人」

どちらの要素もかけてはだめなのです

自分ではまだまだできていないと思っている人

努力してください

気が付く、愛想のいい人

と思われる日まで自分は出来が悪いということを忘れず

続けてください

必ず変わるはずです

ダーウィンの進化論

生き残れるのは変化できる種なのです

厳しい社会で生き残るには

努力してできていないことを

できるようにするしかないのである

 

« 「気がつく、責任感」 | トップページ | 「しまった・・と、思えるか」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

fullcount11