« 「切り替え」 | トップページ | 「嘆いてみても」 »

2015年11月 5日 (木)

「おしえる工夫」

「おしえる工夫」

人に教えるということは大変難しい

教えようと思った時に

いつまでに、どのくらいのレベルにするのか

をまず考えなくてはいけない

そしてどのようにしたら

興味を持つのか

テスト形式にするのか

ゲームの要素を入れるのか

競わせるのか

どうやってチェックするのか

これは義務感でやっていたら

おしえることは形だけになってしまう

どうなってもらいたいかが

まったく見えてこない教え方は

おそわる方からしても迷惑な話だ

おしえる側は熱意がなければならない

おしえてもらう側から見ても

先輩の熱意に影響され

自分もしっかり覚えようと思うものだ

おしえてもらう人が能力がなくて

覚えたりできない、わけで、ないこともある

おしえる側に問題があれば

結果が出ないのだ

そんなことまで考えて先輩たちは

おしえることに熱意を注いでほしい

ただ言われたから教える人になってもらいたくない

コーチや先生が

どのように、おしえていくかで

組織は、生きるか死ぬか決定するのだ

« 「切り替え」 | トップページ | 「嘆いてみても」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

fullcount11