« 「念ずれば花開く」 | トップページ | 「美容師スタート」 »

2015年10月17日 (土)

「足りないもの」

「足りないもの」

フルカウントの方向性の1つに

「よく気の付くスタッフが集まったサロン」という項目がある

先日チーフが

あのレッスンはなぜこうしたのか?

テストをなぜ受けさせようとしたのか?

営業中のあの場面の動きや指示がだめだ

お客様対応がこれでよかったのか

という問題点や、気の付いた点を

隙間時間にスタッフと話して解決しようと

してくれていた

まず、中心スタッフは

こういう細かい点や、気になる点に

常に気づき

問題意識を持たなければいけない

そしてすぐにそれをかかわっているスタッフに話しして

レッスンをさせたり

問題解決の方法を考えさせたり

提示してその日のうちに改善させる

ともすれば営業後、レッスンさせたり

営業の中でのNGをシュミレーションして

どこが、どうだめで

どうすればよかったのかを

自分の時間を割いてでも納得するまで

付き合ってくれる

そんな人なのだ

強い組織はそんな人が必要なのだ

気が付かない人はなぜそうなるのか?

それは常に考えていないからだ

目標が低いからかもしれない

本当にこれでいいのかとう疑問意識や

軸が定まっていない

熱意が足りないのか

他人任せであるのかもしれない

気づけるスタッフがいるお店は

お客様も快適に思っていただけるので

繁栄サロンになるだろう

美容院は

お金のもらえるカット、カラー、パーマすればいいのではない

お金にならない細かいことや

笑顔になってもらうためのひと手間を

スタッフが気づき全員で実践しなくては

いい美容院は作れない

待ち時間に気を配り

お客様の様子をよく観察し

スタッフがどんな行動しているか見ておく

1秒たりとも気づきを怠ってはいけないのだ

だから問題点に気づき指摘し

改善したくなる気持ちが

自分のお店を大切にした行動なのだ

それは、自分を大切にしていることと同じなのだ

やらされて義務感とか責任感でやっているうちは

良い店、良い人生は送れない

使命感に駆られて行動するスタッフが

中心スタッフとして多くいれば

いいお店が出来上がるだろう

地域No1サロンはそんなことから出来上がるのだ

技術がうまいことはもちろんだが

そんな小さなことの毎日の積み重ねをできるサロンが

豊中で他店を圧倒し手の届かないサロンになるのだ

みんなそれができる人だと信じている

僕が言わなくても、

店長が言わなくても

中心スタッフがそれをできるお店に

なってくれることを信じている

No1目指すという事は

手間がかかり

面倒くさいことを

他店よりできるようにならなければいけないのだ

足りないことはそこだ

妥協、面倒くさいから・・・

満足、このくらいでいいか、頑張ってるし・・・

決めつけ、よくやっているほうだ、・・・

妥協、満足、決めつけは繁栄の敵だ

これらに打ち勝ってこそ

いい美容院ができるのだ

« 「念ずれば花開く」 | トップページ | 「美容師スタート」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11