« 「人を大切にする」 | トップページ | 「野望」 »

2015年10月22日 (木)

「わかってくれ・・・」

「わかってくれ・・・」

日本人の風土や考え方、習慣で好きなところがある

「謙虚」と「察する」という部分だ

贈りものをするとき

「つまらないものですが」と、言ったり

「自分はまだまだで、もっと努力したい」といったり

インタビューでは

「周りの人たちに支えられて、優勝できたのです」

と、言ったり

日本人の謙虚さは大好きです

「察する」というのは

日本古来の

「ツーカー」

「以心伝心」

「空気を読む」というような言葉もあるように

会話や対話を通じ

相手の表情、言葉のトーン、仕草

などから相手の気持ちを読むことが得意なのが、日本人なのです

但し、会話や対話を、きちんとしていた時代の、日本人のことです

今、メールやSNSの会話が多くなり

人と人が面と向かって、会話したり

心の中を言いあう、対話が非常に乏しいことになっている

対話、会話不足から

KYという、空気を読めない人が多かったり

自分のことは一方的に言えても

会話のキャッチボールが苦手で、会話にならなかったり

自分から話しかけない人が多かったりする

日本人なのに日本語も話せず、

自分の気持ちも、きちんと伝えられない人が多いのだ

これでは「察する」ことはできない

日本人のいいところが消えようとしている

とも思ってしまう

完全に相手のことが、何も言わなくても

判るのかといえば

当然わからない

だからこそ時間をかけてでも

対話を大切にしなくてはいけない

もう1つの問題は

メールやSNSだ

仕事を辞める時メールで済ませようとする・・・あり得ない

告白もメール・・・あり得ない

もっとあり得ないことは

メールの返事をしないことが

「NO]の返事だ「わかってくれ」というもの・・・

あきれる・・・・

挨拶されて無視するような感覚だ

聞かれて返事しない感覚だ

社会人として

人として

僕はそんな人に、なってもらいたくない

悪いことをした時の謝るという

潔ぎよさ、も感じられないことも多い

「わかってくれ・・・」

メールは返事しなかったらこれが答えだ

と、思っているのでしょう

もう子供のようなことは辞めよう

大人は相手のことを理解してあげられる人

子供は自分のことをわかってほしいという人

「わかってくれ・・・」

は、大人が、してはいけないことです

« 「人を大切にする」 | トップページ | 「野望」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

fullcount11