« 「誰かが・・・」 | トップページ | 「コメント」 »

2015年9月13日 (日)

「これくらいで・・・」

「これくらいで・・・」

できる能力を持ちながら自分で

限界を決める

あきらめて、妥協する生き方

年齢も若く、体力もあるのに

仕事の取組みを面倒くさがる

遊びを優先させたり

サボりたい気持ちで自分に負けて、甘くなる

本当に、この仕事で食べていこうと決心したのか?

近頃の時代は女性も、男性も、仕事は切り離せない

不況で夢がつかみにくい時代だからこそ

人より努力したり

頭を使って工夫し

人より頭1つ抜けないと

自分が選んだ仕事で生きていくことは

困難な時代だ

今日、僕の昔話を、店長と話をしていた

僕の美容師の見習い期間に先輩でいたNさんのことだ

仕事への取組みに一切の妥協がない

コンクールでも1位しか考えていない

2位で喜ぶことは一切ない

仕事で納得できないことがあれば

深夜まで練習する

自分の美容に対する熱い思いをいつも語ってくれた

現在は九州の有名店で、後輩スタッフ30人抱えて

店長をしてらっしゃる

人を育てる点においても一切の妥協がないことが

想像できる

僕がアシスタント時代に、コンクールに出ていたのだが

営業後の、コンクールのレッスン中、僕は

わからないことを、ある先輩に聞きに行ったら

その先輩もコンクールの練習中で

教えることを断られた

そのとき自分のコンクールレッスンを中断して

僕のわからないことを教えてくれたのがNさんだ

自分のコンクールレッスンを置いてまで

僕にロットの巻き方を丁寧に教えてくれた

あの時のことは今でも忘れない

Nさんは、僕が入社後一年くらいで

お母さまの体調が悪く、大阪を離れ

ご実家の九州に帰られてからも

僕が美容のことで教えてほしいと

九州を尋ねたら

月曜の朝一から火曜の大阪に帰る夜の最終便まで

丸二日お休みを取って

場所まで手配してくださり、そこで

一生懸命教えてくれて練習に、付き合ってくれた

美容師としての心がけや

厳しさ、TOPに立つ努力の姿勢を

背中で教えてくれた大先輩であり

僕の美容師ルーツを語るうえで

影響を与えてくれた美容師の一人である

「これくらいで・・・」みたいな仕事の取組み

をしているスタッフがいたら

許さないという人だった

今では有名店で、社長直々に認められ

No1である

No1を目指す人は妥協しない

目標を貫くために

いろいろな犠牲を払っていることにも

想像がつく

皆にそうなれとは言わないが

せっかく選んだ仕事だ

影響力のある仕事をし

人を育て

先生と呼ばれる人になってもらいたい

« 「誰かが・・・」 | トップページ | 「コメント」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

fullcount11