« 「動」~自主性と主体性~ | トップページ | 「動」~親しみやすさ~ »

2015年7月 9日 (木)

「動」~自立~

「動」~自立~

僕の時代には親は学校にも口出しせず

教師に任せていた  

学校の先生にどつかれたり、耳の鼓膜が破れる生徒もいた

今では大問題になりそうだが

その当時はそんな出来事があっても親が学校に一任する時代だった

なので大きな事件にならなかったのだ

今の時代は大きく変わり学校だけでなく

親の子供に関しての関わり方が、大きくなっているようだ

最近耳を疑いたくなるような親もいるらしい

大学生になっても母と息子で、一緒にお風呂に入ったり・・・

お昼のランチを母に写メを送って決めてもらったり・・・

うちはそんなことはない・・・本当にそうですか?

自分の子供の進路にうるさく口を挟んでくる親

仕事で悩んでいる子供を見たらすぐやめさせてしまう親

それに従う子供・・・・

子供はもがきながら自分の道を探し、懸命にそこを歩いているのに

甘やかしや、いつまでも子供のことに口をはさみ

手助けしすぎる親・・・もうやめませんか

自分の子供を信じてあげて下さい

「親」という漢字は木の上に立って見ると書きます

余計な手出し、甘やかしは、子供の為にならないのです

温かい気持ちで見守るのが親ではないでしょうか?

仕事で悩んでいても、手を出すのではなく

自分で解決していくようにしてあげる

親が出すぎる家庭は

いつまでも子供が自立できません

親のほうが先になくなるのに

その後の人生まで手助けできないのです

子供が1人で生きていけるような教育(父性教育)と

母の温かみのある(母性教育)のバランスを考え

子供を見てあげてほしいと思うのです

子供も結婚して子供ができれば親になるのです

親になった時、自分がされたことを自分の子供にもするのです

親が子供のままではいけません

子供の為にはまず、親が親として自立しないと

いけないのかもしれません

« 「動」~自主性と主体性~ | トップページ | 「動」~親しみやすさ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

fullcount11