« 「学び」~イチロー会見~(求める事より、やるべき事) | トップページ | 「学び」~Tさん~(特別な事を自然に) »

2015年2月 3日 (火)

「学び」~スタッフ~(親の教育)

「学び」~スタッフ~(親の教育)

今日は、節分で、恵方巻まるかぶりと、鍋パーティーをした。

明日から、スタッフが育休から復帰するので

復帰祝いも兼ねて。

そのスタッフが子供を連れて参加してくれていた。

食事しながら、あるスタッフが質問した。

「色々な出来事の中で、子供に注意する時(手助け)と、

しない時をどう分けているんですか?」

その質問で僕も、「なかなかいい質問や」と思った。

たしかにどこまで注意(手助け)したらいいのか判断に迷うこともある。

僕の主観であるが考えてみた。

ついつい、心配で言いすぎたり、代わりにやってあげる事もあるが

「ヘルプ」と「サポート」で考えてみた。

「ヘルプ」・・・できないので、代わりにやってあげる事。

「サポート」…必要な時だけ手を貸す事。

子供が小学生くらいまでは「ヘルプ」が必要な事も多いが

それ以降はなるべく「サポート」に切り替えたい。

その子が大人になったとき、一人で何でもできるように。

当然、「ヘルプ」から「サポート」に移行すると、

危ない事も多くなるし、自分でさせるのはまだ早い。

と、思うかもしれない。

でも、失敗や、多少のケガをして学んでいく事で

失敗から学び、社会に出て自分で考え、

子供が社会生活を自信に満ちたものにしてあげる事が必要だ。

親ってホント、難しい。

今より、将来を見越した、教育であってほしい。

その子が1人で判断し、体験していく機会を増やす事が

親の辛抱かもしれない。

« 「学び」~イチロー会見~(求める事より、やるべき事) | トップページ | 「学び」~Tさん~(特別な事を自然に) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11