« 「仕事」(計画、手配) | トップページ | 「仕事」(素直で真面目) »

2015年1月16日 (金)

「仕事」〈できることは自分がする)

「仕事」〈できることは自分がする)

自分がしなくてはいけないことを先輩がやっていた。

フルカウントでは「しまったっ」と思ってほしい。

店長がスタッフにいつも言ってくれていることがある。

オーナーを動かさないでできるだけ

自分たちでできることを、やっていく習慣をつけよう。と・・・

これは頼る気持ちをなくし、自分で何とかしていきたい

という自立の精神の確立の為である。

それに、思いやりの気持ちもある。

オーナーには、オーナーにしかできない仕事をやってもらう為

自分たちの仕事はできるだけ手を、わずらわせないようにしよう。

という、考えだ。

同様に店長の仕事でないものは私たちでやろうと

スタイリストが自立し

スタイリストの仕事でないものは

アシスタントがやろう。と行動する。

これは、決して上の人間が偉いからという事ではなく

どの仕事が、どの立場の人の仕事である。と、決まっているわけでもない。

自分が教えてもらってできるようになった仕事は

自分の仕事だ。と思ってもらいたい。

それは、自分たちの自立と、気の付くスタッフの育成

スタイリストになる準備

そして人間教育の一環でもあるのだ。

自分たちの仕事を先輩にさせないという

役割分担によるものも大きい。

先輩は仕事何にも手伝ってくれない・・・

と、不満が出てくるかもしれない

しかし、先輩も、そう思われてもいいから

成長してほしいと願っているのだ

そうすることで、気持ちのいい職場、人間関係を円滑にできる

美容院が構築されていくのだと思う。

毎年新入社員が入社して来てくれるので

ずっと下の立場ではない。

自分もいずれ、先輩になり、上の立場での辛抱も経験するだろう。

朝後輩が1番に来て朝の掃除や準備を進めていくことは一般的だ。

これは朝1番からお客様のサービスが始まっていると考えてほしい。

先輩は偉いから遅い出勤でいいというものではない。

先輩は技術でお客様にサービスを提供しているのだから

自分たち後輩は早く来て

早く用意して、いつでもお客様を迎えられるサービスを提供しよう。

それが、今の自分のできるサービスだ。という考えだ。

もしお客様から早朝に予約の電話があっても対応することもできる。

自分のできる仕事は先輩にさせない。

この考え方をしっかり理解し

フルカウントの風土にしてほしいものだ。

« 「仕事」(計画、手配) | トップページ | 「仕事」(素直で真面目) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

fullcount11