« 「利他的」 | トップページ | 「神様から頂いたオフ」 »

2014年12月 4日 (木)

「褒められなくても、怒られなくても」

「褒められなくても、怒られなくても」

人間を動かそうと思えば「あめとむち」を上手に使えばいい。

こんな言葉よく聞きますよね。

確かにほめられたいと思ってやることはあります。

でも褒めてくれる人がいなかったら、どうなるでしょう?

僕なら、さぼります。笑

逆もどうでしょう

怒ってくれる人がいなかったらどうなるでしょう?

同じく僕なら、さぼります。笑

人間ってそういう生き物ですよね。

褒めてもらえないとやる気が起こらない人は、もっと厄介です。

褒めてくれないと、その人を敵に思い、嫌いになっちゃうのです。

監視のない中でやっていける習慣をつけるためには

褒められなくても、怒られなくてもやっていく癖を付ける事ではないでしょうか。

逆に教育する側は

褒めても、怒ってもだめなのかもしれません。

いつも変わらぬ姿勢と、一人でやっていける習慣をつけてあげることが

褒めるより、怒るより大切なのかもしれません。

教える側、学ぶ側、いずれにせよ

僕たちの仕事は最終1人でお客様をカットして

満足してもらわなければ、いけないのです。

一人で仕事ができるようにしていかないといけないのです。

自分の決めたゴールに自分の力でゴールすることです。

« 「利他的」 | トップページ | 「神様から頂いたオフ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/58173888

この記事へのトラックバック一覧です: 「褒められなくても、怒られなくても」:

« 「利他的」 | トップページ | 「神様から頂いたオフ」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

fullcount11