« 「親」 | トップページ | 「聞かなくていい事」 »

2014年12月23日 (火)

「いいかげんを学ぶ」

「いいかげんを学ぶ」

「いいかげん」という言葉を聞いたら

適当なやつ、信頼できない、ちゃらんぽらん

などのイメージを持たれるのではないでしょうか?

ここでの「いいかげん」はそうではありません。

例えば「これどこに置けばいいのですか?」と聞いたら

先輩に「あ、どこか、適当に置いといて」と言われて

便利のいい、ちょうど置いてほしかった場所に置けばどうなるでしょう?

先輩は「お前、使えるなぁ!考えて置いてくれてありがとう」となるでしょう。

いいかげん=いい加減・・・なのです。

人生はこの、いい加減を学ぶ場所でもあると思うのです。

言いかえれば相手が望んでいることをしてあげる練習です。

それと、どんな時に、いいかげん、で

どんな時、いい加減でなくてはいけないのか?

雰囲気、場所、置かれた立場でそれを判断しなくてはいけないのです。

「いいかげんを学ぶ」ことはとても大切です。

« 「親」 | トップページ | 「聞かなくていい事」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/58353263

この記事へのトラックバック一覧です: 「いいかげんを学ぶ」:

« 「親」 | トップページ | 「聞かなくていい事」 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

fullcount11