« 「知らぬが仏」 | トップページ | 「決める」 »

2014年11月 1日 (土)

「慣れの目」

「慣れの目」

どんなことでも、慣れた目で見てしまったら、なにも見ていないのと同じ。

この言葉は僕の師匠「ヨシトーヤ」先生が良く言われていた言葉だ。

もうわかってる。

いつもの事だからこれでいいだろう。

疑うこともなく、確認も怠り

それではちょっとした変化に気づくこともできない。

いつも少しの変化に、敏感に気づけるようにならなくてはいけない。

人の問題や、小さなミスから大きなミスまで

傷が浅いうちに手を打つことが大切だ。

先日書いた「健康診断」も同じことが言える。

これでいいだろうという判断も

簡単な方向に、楽な方向に進んでしまうとダメだ。

困難な方向に、面倒くさいことをする方向に進むのだ。

「慣れの目」で見ないで

大きなミスになる前に用心して進もう。

いつも違った角度から見てみよう。

いつも違った考え方もしてみよう。

そうやって発見ができたり

小さな変化に気づける人になるのだ。

慣れてきたころに用心して・・・このブログを思い出して。

« 「知らぬが仏」 | トップページ | 「決める」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57851864

この記事へのトラックバック一覧です: 「慣れの目」:

« 「知らぬが仏」 | トップページ | 「決める」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

fullcount11