« 「試練」 | トップページ | 「忙しい」 »

2014年11月20日 (木)

「運がいい人」

「運がいい人」

僕は運がいい。と、いつも思っている。

実際本当にラッキーなことがいつも起こっている。

最近運がいいってどういう事なんだろうと考えていた。

こういうことかな?と、思ったことをスタッフに聞いてもらったら

「なるほどー」と感心してくれたのでここに書いてみます。

例えば、運のいい人と、運がいいと思ってない人が

宝くじを買うと当たる確率は運がいい人のほうが高いと思いますか?

答えは「NO」です。

どちらも同じなんです。

運のいい人は、何が良いから運が良くなるのか?

それは「気づく力」なのです。

もし有名人が自分の近くをたまたま通ったとしましょう。

その時気づける人は「あ、○○さんだ」とその有名人に気づく。

そして「一緒に写真撮って下さい。サインもらえませんか?」といって

写真も、サインもゲットして運がいいなー!って言われる。

一方気づけない人は有名人が近くにいても気づけず

写真も、サインもゲットできない。運が悪い・・・となるわけです。

妹が、家に帰ったら棚の奥にドーナツがあるのに気付いた。

お母さんに「こんなとこに、ドーナツあるのみつけた。ドーナツ食べていい?」

「1個しかないからお姉ちゃんに内緒よ・・・あんたは運がいいね・・・笑」

となるわけです。

気づくことのできない宝くじは「運がいい。悪い」は関係ないですが

気づくことで運を引きつけられる、有名人やドーナツは、気づけばラッキーなことになる。

つまり、運がいい人は2つの要素があるのです。

1「気づける」

2「行動できる(言ってみる、おねだりしたり、お願いしてみる)」

1の「気づける」だけでは運が良くならないのです。

必ず、行動するをセットにすると、運がいい人になる。

ということは日頃から色々なことに気づける人である。

または気づくことを意識して生きている人。

そして行動できる勇気がある。

これが「運のいい人」の定義になる。

人のことに気づける、落ちてるゴミに気づける。

「気づく」練習はいつでもできて今日からでも始められる。

そして行動を起こせば今日から「運のいいい人」になれます。

« 「試練」 | トップページ | 「忙しい」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/58042750

この記事へのトラックバック一覧です: 「運がいい人」:

« 「試練」 | トップページ | 「忙しい」 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

fullcount11