« 「日本人の会話」 | トップページ | 「しつこく」 »

2014年10月 4日 (土)

「すきま時間」

「すきま時間」

フルカウントでは夜のレッスンを廃止して、朝型のレッスンにしている。

これは美容師を永く、無理なく続けてもらう為の店での取り組みの1つだ。

僕の美容師アシススタント時代は、夜遅くまで残ってレッスンしないと

上手になれないといわれて、深夜までレッスンをして

毎日営業に出る前から寝不足で、疲れていた。

営業で技術がうまくなって、お客様に喜ばれるためにレッスンしているのに

本末転倒である。

それで短時間に集中してレッスンを行う、朝型に変えたのだ。

しかし問題は、以前の夜型に比べ、レッスン時間が三分の一くらいに短縮されて、

スタイリスト(カットできる人)に適正な期間でなれるのか・・・?

という点だった。

しかしながら、朝型レッスンの一期生である石田は三年という期間で

スタイリストになる計画通リ進んでいる。

このままいけば、夜レッスンしていた時期より早くスタイリストになれそうだ。

なぜ、この短時間レッスンで計画通りにスタイリストになれるのか?

理由はいろいろある。

1 やる気があって頑張ったから

2 考えてレッスンしたから

3 才能があったから

その他色々な理由はある。

しかし僕が最も、評価したいのは「すきま時間」の有効活用だ。

まだシャンプーのレッスンが始まる前から、自分の仕事の手が空いたら

先輩のシャンプーを見る。見て学び教えてもらう前に予習しているのだ。

レッスンでも無駄な時間を極力なくすために事前にレッスン時間を

どう使うかを考えてくる。

レッスンで指摘されたことがあったら営業中の空き時間に先輩に聞きに行き

家で寝る前に復習する。次回のレッスンで改善点としてレッスンする。

全員が同じ時間を与えられている中で

どう使えば効率的かを考える。

遊びに行った時も店員さんや、いろいろ話できた人にカットの

モデルを頼んでおく。名刺を渡す。

技術を上手になりたいから、こんなすきま時間を有効活用したから

3年でスタイリストになれる道を歩んだのだ。

24時間平等に与えられてい時間の使い方で

人生は決まってくるといっても過言ではない。

あと、サッカーのクリスティアーノ・ロナウドが言っていたのだが

いいプレーをするためには何が大切ですか?

と、聞かれ、

「いいプレーしたいならしっかりと体の休養をとることだよ」

と、言っていた。

すきま時間を利用して体を休めることも

美容師を永くやっていくには必要なことだと思う。

« 「日本人の会話」 | トップページ | 「しつこく」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57574927

この記事へのトラックバック一覧です: 「すきま時間」:

« 「日本人の会話」 | トップページ | 「しつこく」 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

fullcount11