« 「この一瞬に集中」 | トップページ | 「日本人の働く文化」 »

2014年9月 5日 (金)

「一流の向上力と自信」

「一流の向上力と自信」

昨日も錦織圭選手の話を書いたのだが

今日も興味深い内容のコメントを聞いたので、もう1度ブログを書きます。

ラオニッチ(カナダ)を破った4回戦のあとの錦織の言葉は、耳を疑うようなものだった。

「決勝に行くまではなかなか喜べないですね。今日の勝ちは評価できますが、

結果としては、まだまだ……。勝てない相手も、もういないと思うので」  

大言壮語の嫌いな錦織圭選手が、勝てない相手はいない。

と公言し、決勝に進むと言葉にしている。

勝っても満足しない。

8月のブログの「スポーツは人生の縮図」でも書きましたが

「勝つこと」からの学びと「負けること」からの学び両方が大事だと思います。

勝って評価できても内容がまだまだ・・・

勝っても満足しない姿勢は

イチローの必然的なヒット以外は認めない。というのと同じだと思った。

自分が納得してヒットを打つべきコースにバットを出し

打球がヒットになればよし。

たまたまのヒットはヒットではない。と考えている

そして錦織圭選手が、「勝てない相手も、もういないと思うので」

といっていたことも

イチローがWBCで「韓国には向こう30年日本には勝てないと

思われる圧倒的勝利を収めたい。」と言ったのに似ている。

一流選手のストイックな頂点を目指す向上力と

有言実行の自信。

本当にすごいと思った。

お金を頂きプロの美容師としている私たちも同じ気持ちで仕事したい。

お客様が喜んでいても、満足せず技術を磨き続け

「私に任せてください、絶対に満足いくヘアスタイルにしますから」

とお客様に言ってのける美容師になりたいものだ。

« 「この一瞬に集中」 | トップページ | 「日本人の働く文化」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57288462

この記事へのトラックバック一覧です: 「一流の向上力と自信」:

« 「この一瞬に集中」 | トップページ | 「日本人の働く文化」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

fullcount11