« 「大役の備え」 | トップページ | 「先輩」 »

2014年9月10日 (水)

「学問ノススメ」

「学問ノススメ」

仕事はなんですか?と聞かれたらもちろん「美容師です」と答えます。

しかしやっていることを1つにまとめたら、仕事は学問(勉強)ではないでしょうか?

美容師の仕事は一生勉強と言われます。

多くのお客様とかかわること、後輩に教えること、技術を学ぶこと

すべてが学問です。

20歳で専門学校を卒業し、順調にいけば3年でスタイリスト。

お客様から指名を頂いたり、

お客様によっては「先生」って若いのに呼ばれるときもあります。

そんな若い時にデビューして売り上げが増えてきたら

周りもちやほやして、自分が偉くなった気分になります。

それはそのスタッフの人生の価値観を

下げることにつながる可能性が高くなります。

美容師って技術の勉強だけしてればいいのでしょうか?

美容技術を極めるのは素晴らしいことです。

目標に向かって技術レッスンをこなし努力し、デビューすることも素晴らしいです。

しかし、技術だけでなく、教育を通じ人間として成長することは、もっと大切です。

私たち美容師は社会に出て美容院で勤務しています。

学生時代のように先生が授業してくれる学問の学びの時間はありません。

だからこそ、自分で律して学問を学ばなければいけないのです。

社会人になれば、だれも学問を教えてくれないのですから・・・

僕はスタッフに「教科書をいつも持ち歩きなさい」といっています。

教科書というのは「本」です。

講演会や、人の会話から学ぶものも大きいのですが

本はその何倍もの情報量があり、

出版社から編集部を通じ内容のチェックも入るので

インターネットの情報や講演会などからすると

信憑性、情報量すべてが違います。

すべての本が良本とはいいませんが、

いつもカバンの中や枕元、机、トイレに置いておき

少しの時間でも「本」から学問を学び人間として成長してほしいのです。

いつも言ってますが女性の場合

妻になり、子ができて母になり、おばあさんになって生きていくのは

20歳ならば50年から60年あります。

学問をコツコツ少しずつでも続けていくと人生は輝きます。

やっとけばよかったと後悔しないように、

もっともっと「本(教科書)」を読んで学問をしてください。

国語も、数学も、英語も、理科も、社会も、人間学も、全部大事です。

「学問ノススメ」でした。

« 「大役の備え」 | トップページ | 「先輩」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57325753

この記事へのトラックバック一覧です: 「学問ノススメ」:

« 「大役の備え」 | トップページ | 「先輩」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

fullcount11