« 「一流の向上力と自信」 | トップページ | 「大役の備え」 »

2014年9月 6日 (土)

「日本人の働く文化」

「日本人の働く文化」

7月のブログで「働く」というテーマで書かせていただいた内容は

目標をもって働くすばらしさ。というものでした。

日本の働くという文化は、働くことが人間らしさ、仕事があることが、幸せという考えだ。

僕の尊敬する松下幸之助さんも

「仕事は、社会貢献、それを継続していくことも社会貢献。」と説いている。

美容院でいうなら、

きれいなヘアスタイルにしてもらったお客様の利益(喜び)になり

スタッフは安定した給与を与えられ利益になり、

税金を納めることで国の利益になる。

すなわち仕事(働くこと)はみんなを幸せにするのです。

日本人は仕事を単に金銭のみを受け取る手段とはせず、

世のためになるという考えで働いてきた。

それが生きがいという形になったのだろう。

毎日の仕事を輝かせ、楽しく、充実したものにすれば

素晴らしい人生になってきます。

ハッピーな仕事はハッピーなみんなを作るのです。

働くことを楽しくさせることができるのは自分の心なのです。

働く定義が素晴らしい、日本人でよかったと思います。

« 「一流の向上力と自信」 | トップページ | 「大役の備え」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57293140

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本人の働く文化」:

« 「一流の向上力と自信」 | トップページ | 「大役の備え」 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

fullcount11