« 「タイミング」 | トップページ | 「負けてもあきらめない」 »

2014年8月25日 (月)

「生かされる」

「生かされる」

ご飯を食べるときの「いただきます」は

「命のあるものを、いただかせてもらいます」なのです。

それによって私たちは生きられているのです。

食べ物によって私たちは「生かされている」と考えられます。

私たちは、多くの命という食べ物を頂き、いただいた1日を過ごしています。

食べ物から見ると、自分たちが犠牲になって人間を生かしてくれているのです。

人生は、自分のために生きている。その通りですが、

自分のために生きる。という考え方より

生かされているという考え方をするなら、何のために生かされているのか・・・?

人のお役に立つ為に生きるとういう事ではないでしょうか?

人に役立つことをして、喜ばれる。

僕はそれが、人間の生まれてきた意味と、とらえています。

人という漢字も支えあうという意味もありますよね。

これもお互いに人のために生きるという意味にも通じる部分もあります。

人に喜んでもらうことが人間の生きる意味なら

自分のためだけに生きるというのは傲慢のような気がしています。

人は一人では生きていけません・・・

感謝の気持ちを持つ、思いやりの気持ちを持つ、相手のことを考える。

「生かされていること」はありがたいことです。

「生かされている」と思いながら、生きていきたいものです。

すべてのことがありがたく、感謝の心で行動できるようになります。

« 「タイミング」 | トップページ | 「負けてもあきらめない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57177039

この記事へのトラックバック一覧です: 「生かされる」:

« 「タイミング」 | トップページ | 「負けてもあきらめない」 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11