« 「スポーツは人生の縮図」 | トップページ | 「行動力の差」 »

2014年8月21日 (木)

「どうしても上手くなりたいから」

「どうしても上手くなりたいから」

僕は勉強が嫌いだった。笑

だからいつも先生に自分から質問はしなかった。

というより、質問をするまで考えてもいなかったから、疑問すら、わいてこなかった。

今思えばそこまで勉強できるように、なりたかったのではなかったのかもしれない。

でも野球は大好きだった。

どうしたら打てるようになるのか・・・

いつも考えていた。

しかし、高校時代、監督、コーチが怖くて質問にも行けないくらい威圧感があった。

だから背番号はもらえてもレギュラーには、なれなかったのかもしれない。

大学時代は甲子園に出ている野球のうまいメンバーが野球部にたくさんいたので

いつも質問していた。

うまくなりたくて必死だった。

教えてもらって、変化球を打てるようになったり

内角のボールのさばきが上手になれたと思っている。

そのおかげで、大学はレギュラー番号をもらえた。

自分だけで練習して一人で考え、結論を出すより

うまい人に、質問したり、自分の技術を見てもらって

アドバイスを受けて結果がよくなることを大学時代に学び、経験していたので

美容師になってからは、そうすればよかったのだが

修行先のオーナーと気が合わずあまり質問せず

考えてはいたが、自分なりにレッスンをしていた。

だからなかなか上手になれなかった。

そんな僕にも転機が訪れたのは

入社して間もない専門学生の技術が3年目の僕より上手だったのだ。

そのスタッフは自分でよく考え、オーナーにいつも技術を見てもらい

積極的にアドバイスをもらいに行っていた。

その時「ぼくはこのままでは伸びない・・・」と思い

嫌いなオーナーに頭を下げた

「1年生の基礎技術からやり直したいのでもう1度教えてくださいませんか」・・・と

オーナーは

「その言葉待ってたで」と言ってくれた。

そこから、わからないことがあれば考えてすぐ質問。

技術を見てください。と積極的にオーナーを捕まえて、みてもらいアドバイスを受けた。

うまくなるスピードは今までの何倍も早く感じた。

大学時代、質問したり、アドバイスを求めて結果がよくなる経験をしているのに

オーナーと気が合わないからアドバイス、質問を避けていた自分が上達を遅くしていた。

本当に今までの時間がもったいなく感じた・・・

自分がオーナーになってからも同様に

技術や経営のことがわからなければ

他店のオーナーや美容師、ディーラーさんにまで、いつも聞きに行った。

そして指導を受けそれをベースに今の自分が出来上がっている。

どうしてもうまくなりたいから、

どうしても店を繁盛させたいから、

僕は今でも、アドバイスを求めに、質問に行く、わからないことは聞きに行く。

プライドやキャリアなんて僕には全く関係ない。

上手くなりたいから。

« 「スポーツは人生の縮図」 | トップページ | 「行動力の差」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57142632

この記事へのトラックバック一覧です: 「どうしても上手くなりたいから」:

« 「スポーツは人生の縮図」 | トップページ | 「行動力の差」 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

fullcount11