« 「体験だけの満足」 | トップページ | 「強く育つ」 »

2014年8月11日 (月)

「手すり」

「手すり」

急な階段や、危険な場所、足元が悪い所、

そんなところには「手すり」がついてますよね。

「手すり」があるから100%安全というわけではないが

それなりの安全を保つことができる。

生きていくなかでも

危険が伴ったり、若さゆえに判断できなかったり、注意が必要な出来事がある。

そんな時「手すり」になってくれる人が身近にいることで助かることもある。

保護されているという安心感を得ることもできる。

その人達に完全に寄りかかりすぎて、自分で判断できなくなってはいけないが

心の大きな支えになってくれる。

どんな人に「手すり」になってもらうのかを、きちんと見定め、選ぶ事が重要。

若いうちはこういう人の存在が大切だ。

人はみんなで支え合って生きている

若いうちは支えられ、自分が上の立場に立った時

困っている若者の「手すり」になって支えてあげてほしいものだ。

« 「体験だけの満足」 | トップページ | 「強く育つ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2054247/57055591

この記事へのトラックバック一覧です: 「手すり」:

« 「体験だけの満足」 | トップページ | 「強く育つ」 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

fullcount11