« 「勇気」 | トップページ | 「逃げたい気持ちに立ち向かう」 »

2014年8月 5日 (火)

「敬意」

「敬意」

高校野球をしていた僕は

本気で甲子園を目指し年中休みなしで3年間きつい練習に耐えてきた。

1つ負けたら終わりという中で毎日練習して一生懸命の姿を想像できるからこそ

勝った負けた以外にもドラマがあり

甲子園にでたメンバーだけでなく

日本中の甲子園を目指して一生懸命のすべての高校球児たちに

みなさんは敬意を払ってくれる

だから勝ったチームだけでなく負けたチームも称賛される。

スポーツマンシップにのっとる素晴らしい光景である。

僕たちも大阪大会決勝戦で敗れたものの

相手チームのスタンドからも温かい拍手を頂いた。

そんないい思い出があるのに

親のモラルが低いな・・・と思う出来事があった。

今日子供のテニス大会を見に行った。

いつも早朝から、そして週のほとんどを練習に費やし、

上手くなりたい。勝ちたい。為に特訓や技術練磨に励んでいる。

見学のお父さんはわが子や、仲間が点を入れると大きな拍手・・・・

子供同士の試合でお父さんがよろこびを表に出してわが子を応援・・・・

あくまでも僕の主観的な意見だが

喜ぶのは心で・・・

家に帰ってから家族で大喜び・・・

それが相手のプレイヤーに対する「敬意」ではないだろうか・・・

このお父さんは学生時代スポーツをしていなかったのか

相手の気持無視の自分の子供さえ良ければいいという心なのか・・・

「幼稚な親」なのか

子供が小さくても相手プレイヤーに「敬意」を示せないのなら

見に来てほしくないものだ・・

« 「勇気」 | トップページ | 「逃げたい気持ちに立ち向かう」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11