« 「執着」 | トップページ | 「損か得か」 »

2014年7月23日 (水)

「見守る」

「見守る」
みまもるとは、
1 無事であるように注意しながら 見る。
 また、なりゆきを気をつけながら見る。

2 目を離さずにじっと見る。熟視する。凝視する。
 
という意味です。

僕はついつい頑張っている人や、困っている人を見ると...
「自分が何か助けてあげられないのか?」
「指導してあげたい」
と思ってしまい、

あれこれ手助けや、働きかけをしたくなります。

しかしそれが成長の妨げになっていることも
よくわかっています。

スタッフが失敗しそうでも、心配でも
何もしない、言わない・・・
「見守ってみる」

相手のそばにいて、信頼して
結果を見守る

手を差し伸べたくても
アドバイスしたくてもぐっと我慢して
「見守る」

相手が困らないように
失敗しないようにしてあげたい
落ち込ませないようにしてあげたい

でも僕が手助けしたら
自分で考えず、行動にも責任が薄くなり
人のせいにしたり、学びもありません

「何もしない、無関心」と
「何もしない、見守る」
とは違います。

「何もせず、見守ること」

本当の「愛」は辛抱から始まり
「信じて見守ること」が最近大切だと感じています

スタッフに決して手助けしないのではなく
一人でできるようになってもらう為に
「見守ること」も大事なのです。

« 「執着」 | トップページ | 「損か得か」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

fullcount11